スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性腎臓病

腎臓病は最近患者数が増加している傾向にあるようで
あまり症状も無いので気づいた時にはだいぶ進行していることが多いそうです。
NHKの「きょうの健康」で取り上げていました。(この番組、とても分かり易く解説していると思います。)
半数が糖尿病の人ということで、生活習慣が主に原因であると言われています。
飲酒、喫煙、ストレスも関連し、その他にも大きな病気をした時の治療の影響で
造影剤や強い薬の影響する場合(その解毒や排出により腎臓を痛めてしまう)もあるようです。

再生がきかなく、何よりも食事制限を必要とし単なるカロリー制限でない為その食事制限は想像以上に大変で、
病が進行し腎臓が機能しなくなるとが透析という体内の血液を洗浄しないと生きていけなくなる為
生涯週に3回ほど4時間もの時間をその治療に費やさなければならないという本当につらい病気です。

腎臓はろ過機能。体の中の(血液中)いらなくなったものを体の外へ排出する為に
いるものといらないものを選別するところです。
腎臓の中で悪くなるのがその選別を行う糸球体。

糸球体は毛細血管の塊で、その太さは髪の毛の10分の1の細さ。
その為、老廃物の多い食事や血圧が大きく影響し、運動不足、ストレスなども血管を収縮させる為に
影響するということになるようです。糖尿病が腎臓病になるというのもうなずけますね。
特にこの細い血管に高い圧力(高血圧により)がかかるということが一番怖いようです。

女性は高齢になるとそれまで女性ホルモンのおかげで血圧が低くいられたものが閉経後、血圧が上がりそして年齢と共に血管自体も固くなるので糸球体にかかる負担も増えそうなので注意が必要ですね。

若い時から運動を習慣にして、ストレスに対抗できるように生きること、食生活にも気を付けることが必要ですね。

食べ過ぎや添加物の多い食べ物は老廃物を増やしてしまうようです。
ストレスもよくない為、体に悪そうなものでも食べたいもの飲みたいものをあまり我慢してはストレスになる為
「嗜好品」として、たまには楽しんで摂取したほうがよさそうです。

良質のたんぱく質、(α-リノレン酸を含む)良質の油が血管柔軟にしてくれるそうです。
(α-リノレン酸は亜麻仁油、エゴマ油、青魚に含まれるDHA、EPA、クルミなどに含まれる。)
日々の暮らし方、自分の健康意識が今の体を作っています。頑張っていきましょう。
スポンサーサイト

膵臓

第一弾にしては、コアですが膵臓についてです。
膵臓というと、ランゲルハンス島=インスリン=糖尿病
といったイメージでしょうか?
ですが消化に関わる器官なので食事の度にお世話になっているとても重要な臓器です。
そして誰でもいつなるかもしれない・・・・そして症状が悪化してからでないと発見されないなどとも言われる膵炎という病気を見ながら勉強していきましょう。

まず
膵臓の位置は胃の裏側に張り付く感じです

膵臓の働き
 「インスリン分泌~血糖を調整(血中に分泌)
 「膵液を分泌」~最も強力な消化液(十二指腸にから分泌) ↓

(炭水化物)を消化するのは唾液アミラーゼですが、膵液からも「アミラーゼ」が分泌されていて唾液よりも強力
(タンパク質)の消化は胃液ペプシンですが、膵液の「トリプトファン」が分泌されこちらの方がとても強力
(脂質)の消化は膵液「リパーゼ」
どれも薬のCMで耳にした名前ですが

口腔内や胃ではほぼ咀嚼や撹拌を行い、本格的な消化吸収は小腸で行うと言われています
その強力な膵液ですが膵臓内では活性されず、(消化できる状態でない)
小腸にはいってから活性化される(消化できる状態)
なので膵臓は保護する用には出来ていない。
でも、アルコールや、胆石などが原因(と言われているが特定は難しいようです)で
膵臓内で活性化されてしまい・・・強力な消化液に変わってしまうため膵臓自身や周辺の組織を消化してしまう
「自己消化」が起こってしまう。。。怖いですね。
血管が消化されると血管破裂支出血を起こし、動脈が消化されてしまうと大量出血で死亡してしまう恐ろしい病ということです。
膵炎の死亡がそれに当たるようです。

アルコールを飲むと慢性的な炎症が起こる為に影響する言われて飲酒の原因が大きいようです。
お酒を飲む人は検査しておくと安心かもしれません。エコーで検査できるそうです。

急性膵炎は重症の場合死亡率10%
慢性膵炎は完治しないと言われ、進行すると糖尿病や消化に障害がおこり(栄養を吸収できなくなる)そして
膵臓がんになる確率が高くなるそうです。

また、膵液の分泌には(食べ物のにおいをかいだり)(見たり)(においを味わったり)などの刺激が副交感神経を介して反射的にお叶われることと、
食べ物が胃に入り粥状になり十二指腸に入ると消化管ホルモンにより分泌が行われるそうです。
「ホルモン」「副交感神経」とカイロプラクティックの範疇。
神経伝達。やはり内臓とは切っても切れない関係ですね。
体を整え神経伝達をよくしていくことが必要のようです。

(↑「目で見る体のメカニズム(書籍)」「NHKの健康番組」を参考にしました。)

追記:男性はアルコールが原因とされる人が半数近く、女性は胆石が原因と言われるそうです。
少量のアルコールでもなる場合があるということで誰にでも起こりうるようです。
。アルコールにより酸性になり膵液にの活性が進み膵臓内で活性されてしまうのではないか。と推測されているそうです。(今のところまだメカニズムは不明だそうです。)胆石は膵液の出口が石でふさがれてしまい膵臓内で活性化されてしまうようです
自己消化(自分の消化液で自らの臓器を消化してしまう)が起こると腎臓や肺なども解けてしまうこともあり、骨盤までも溶かしてしまう程だそうです。
そして激しい激痛。膵臓は胃の裏側にあり神経が背骨近くを通っている為背部(背中)に強い痛みがあるそうです
そして、初期はお腹が痛くなったり胸焼けの症状がある為胃炎と勘違いされることが多くその感も自己消化は続き激しい痛みに苦しむそうです。怖いですね。
お酒の飲みすぎには気を付けましょう。胆石はコレステロールが結晶化するタイプの胆石が70~80%ということなので油分摂取に気を付けることが大事。



体の事を深く知ろう

カイロプラクティックといったら骨格の歪みを整えるものということのようですが
内臓も大きく関連します。
骨格の歪みによって押しつぶされた神経の先にあるのは
内臓を含めた臓器ですからね、皮膚等、細胞すべて・・・
ですから体の事すべて勉強する必要があります。
そして心も含めて。
パーツだけで見ていたら治せないこともあります。
全体を見る目が重要になってくるのです。
それに、知っていると患者さんの信頼度も上がると思いますよ。
患者さんとお医者さんに言われたことや病気の情報を共有できるということは
より親身になって患者さんを把握できる為、施術効果も上がると思います。
色々と施術工程や治っていく道順も思い描くことが出来ますからね。

ということで、一緒に内臓の勉強もしていければ思い
経営の事と勉強のことも少しずつ更新できればと思います。
プロフィール

sachi

Author:sachi
北千葉カイロプラクティック整体院の院長してます。
整体師を目指し頑張っている方へ、少しでもお役に立てればと色々綴っています。
何かの参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。