スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から天気予報が気になりますよ

天気が悪いと神経痛が悪化する。とよく言われますが、
自分の経験上も「天気が腰痛に関係がある」とよく思っていました。
この仕事していると、感覚が冴えてくるので
今では地震も察知することがあります。
(疲労がたまり、神経が過敏になっている時に限りですが・・・)

そこで最近こんな本を読みました。
本:天気と症状
「その症状は天気のせいかもしれません 医師が教える気象病予防」
著:福永 篤志
作者は医師であり天気予報士の資格もある為、
どの部分がどう反応することで痛みや症状が起こるのかがわかると思い読んでみました

天気の解説があり、知っているようで知らなかったので、そっちも(天気も)勉強になりました。
人の身体は自然から影響を受けていますから・・・当然といえば当然ですが
内部の状態(食べたもの、ストレス)、外部からの環境の影響(温度湿度様々な環境要因)により、刻一刻と変化する色々なことに対応し、バランスのとれた状態を維持し続けようとしている体。
病と闘うには、中から変化を起こすことももちろん必要ですが(食事や運動等、それから体を整えること)
外部から受ける刺激によって、体がどう反応するのかを知ることは、自分の体を守る事になります。
患者さんへのアプローチの仕方も増えるし、喜んでいただける情報になると思います。

腰痛に関しては、
腰痛も関節のうちなので、関節痛としていて神経痛などふくめ、気象との関連は
元々体内には細菌やウィルス等の異物が存在していて、低気圧や低温で自律神経が影響し
免疫機能が働く為に炎症反応が起こると説明しています。

私はそれだけでなく、体組織、体液からの内圧外圧も影響していると思っています。

心臓病や脳卒中にも影響するためそのメカニズムも書かれていました。
これらの疾患は元々の要因(生活習慣病)はあるにしても、外的な気温などの変動が発症のきっかけとなるそうです。
高齢になると注意が必要なので、ご家族の方にもアドバイスできますし、
若いからと言って安心できません、50代から始まりますし、30代でも発症する人がいるのが事実。
他人ごとではありません。自分や、家族の身を守ることにも。一度読まれてみてはいかがでしょうか

色々な勉強方法はあると思いますが、
見方を変えて体の勉強するのも楽しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sachi

Author:sachi
北千葉カイロプラクティック整体院の院長してます。
整体師を目指し頑張っている方へ、少しでもお役に立てればと色々綴っています。
何かの参考になれば幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。